AA ILCAA 共同利用・共同研究拠点 オンラインリソースポータル 東京外国語大学

トップページ  >  リソース一覧  >  インド・歴史書文献の電子データ化

インド・歴史書文献の電子データ化

  • 南アジア
  • 文献・碑文の画像および電子化テキスト公開

史書なきインドと言われている中で、唯一カシミールにのみ歴史書の伝統が形成され、11世紀に『ラージャタランギニー』というサンスクリット語で書かれた、インドにおける最古の歴史書が書かれています。そうした点から、このテキストは極めて重要なものでありますが、いまだ電子データ化されていません。このテキストの電子データ化は多くの点で、インド史学と文献学に貢献するものであり、広く学界から歓迎されるものです。

リソースID IOR000107
リソース名

日本語

インド・歴史書文献の電子データ化

英語(English)

<Digital Data of Indian and Historical Documents: Rājataraṅgiṇī>

概要

日本語

史書なきインドと言われている中で、唯一カシミールにのみ歴史書の伝統が形成され、11世紀に『ラージャタランギニー』というサンスクリット語で書かれた、インドにおける最古の歴史書が書かれています。そうした点から、このテキストは極めて重要なものでありますが、いまだ電子データ化されていません。このテキストの電子データ化は多くの点で、インド史学と文献学に貢献するものであり、広く学界から歓迎されるものです。

英語(English)

<While it is said that India has no history books, only Kashmir has a tradition of history books. The oldest history book in India, Rajatarangini, was written in Sanskrit in the 11th century. From this point of view, this text is extremely important. However, it has not yet been digitized. The digitization of this text will contribute to Indian historiography and philology in many ways, and will be welcomed by the wider academic community. Since more than 50 years have passed since the death of the compiler of the text, there is no copyright issue. Consequently, the text is widely available on the web.>

種類 文献・碑文の画像および電子化テキスト公開
URL

URL1

http://www.aa.tufs.ac.jp/~tjun/irc/rajatarangini_p.html

本文の言語(ISO 639-3) 日本語 (日本語)
構築代表者 高島 淳